fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 摩訶般若波羅蜜 1

摩訶般若波羅蜜 の巻、本文に入る前に西嶋先生の話です。

表題の「摩訶」というのは、梵語で偉大な、大きいという意味。「般若」は梵語で正しい智慧と言う意味。「波羅蜜」というのは彼岸に渡る、彼の岸に渡る。だから真実に到達する手段。「摩訶般若波羅蜜」 というのは、偉大な正しい知恵という心理に到達するための手段、と理解してよろしいわけです。

「摩訶般若波羅蜜 」において道元禅師がどういうことを説かれたかというと、「摩訶般若波羅蜜多心経」いわゆる「般若心経」と呼ばれるお経があるわけです。その説明をこの間でされておると理解してよい。そこで説かれていることというのは、「正しい智慧とは何かという問題。

仏教でなぜ正しい智慧というものを問題にするかというと、西洋流の考え方では智慧というのは常に正しいという考え方がある。これはカントという哲学者が理性というもの人間の頭の働きというのは、どこでも通用するただしさをもっているという考え方を主張し、これは当然のこととして、西洋流の考え方の基本にあったわけです。

西洋流の考え方では頭脳の働きというものは、何処でも通用する正しさを持っておるという考え方が前提にあるわけです。ところが仏道ではそういう考え方をとらない。なぜとらないかというと、人間の知恵人間の頭の働きは体の状態心の状態がどうあるかによっていくらでも変わると言うこと。

早い話が我々が腹を立てている時に正しい判断ができるかというと、これは難しい。西洋流の考え方で言えば、腹を立てようと、悲観していようと、判断は正しいと言うことになりがちだけれども、仏道ではそうは言わない。腹を立てている時の判断は誤る、悲観しているときの判断は誤る、と言うことがあるわけです。

実際の行動をやっている人の判断が常に正しいかというとそうはいかない。思い詰めて何か苦しいことがあって「もうこの苦しさから逃れることはできない」という風に決めつけてしまうと、そこでおかしな行動、おかしな判断が出るわけです。

                       つづく--


いつも訪問していただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

フリーエリア

「正法眼蔵」は仏道を勉強する上において「なぜ坐禅をやらなければならないか」という事を事細かに疑問の余地のない形で詳細を述べておられる。だから「正法眼蔵」を読んで仏道の理論的な側面を勉強しながら自分自身で坐禅をやるならば、仏道修行においては欠けているところはない。―愚道和夫老師―

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
70代女性。自営業。自宅で毎日朝晩坐禅をして、愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」を毎日ブログで紹介しています。愚道和夫老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

FC2カウンタ-