fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 帰依三宝 2

「帰依三宝」の巻、本文に入ります。

「禅苑清規」に言う。
中国の「禅苑清規」という書物百二十問第一という個所に「仏法僧を敬ウヤ否ヤト」と書かれている。この「禅苑清規」の中で「仏法僧を敬ウヤ否ヤト」と書かれているところから考えても、インドにおいても中国においても、仏道修行をして真実を得られた方々が正しく伝承してこられたところは、仏・法・僧を敬う事であるということがはっきりと知れる。

およそ物事に関しては自分自身がすっかり我が身を任せ切るという事が無ければ、本当の意味で敬うという気持ちは生まれてこない。本当の意味で尊敬するという気持ちは生まれてこない。本当の意味で尊敬するという気持ちが生まれてこない場合には、我が身を仏・法・僧に委ねるという事は難しい。

この様に我々が仏・法・僧に自分自身を委ねるという事態がどういう場面で生れて来るかと言うと「感応道効」するとき成就するのである。

※「感応道効について西嶋先生の解説
我々が幸いにして仏道というものがあるという事を知り、仏道を勉強しようという気になったという事は、まさに「感応道効」でありまして、なぜそういう事が起きたかというふうな事を理屈で考えてもなかなか理由が出てこない。ただ不思議にこの世の中には沢山の人々が住んでいるわけでありますが、その中で我々は選ばれて仏道修行をしてみたいという気持ちになったという状態が「感応道効」と呼ばれる事態であります。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
先生は「坐禅は一日に45分やればいい」と言われましたが、「正法眼蔵随聞記」を読んでみると、道元禅師も懐弉禅師も一日中坐禅をやっていたみたいです。そんなにしなければならないものなんでしょうか。

先生
いや、私はそうは思わない。自分の経験において一番大切な事は坐禅は毎日やる事。時間が長い短いよりも大切な事は毎日やる事。だから毎日やれるようになってから長い時間やるのは大変結構だけれども、飛び飛びに長い時間やったんでは、仏道修行は中々達成できないと言う問題があるわけです。

だから私は短い時間でもいいから「毎日やれ」という事をいうわけです。長い時間やると言うのも楽しみな事だし、結構な事ではあるけれども、飛び飛びに長い時間やったんでは坐禅の効果は出てこないと私は思っています。だから、皆さんには毎日やる事をお勧めする訳です。

たまにちょっと長い時間やるのなら、頑張って歯を食いしばってやればやれない事もないけれども、毎日やれって言われるとどうもうまくいかないと言うのが実情だと思います。しかしやっぱり毎日やれる様になって初めて坐禅のよさがわかって来るんですよ。

確かに懐弉禅師にしても「正法眼蔵随聞記」に述べられている通りだし、それから天童如浄禅師にしても、坐蒲を袂の中に入れておいて暇さえあればあっちこっちで坐っておられたと書かれています。まさにその通りであったと思うけれども、それは毎日の坐禅をやれる様になって、それからさらに長い時間やる様になったと、こう言う事だと見て間違いないです。


いつも訪問していただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
768: by aki on 2022/06/15 at 21:45:26

ブログ主様書込みお許し下さい。
日本が侵攻されぬ為どうか皆様に知って頂きたい、中韓へ忠誠を表明した野党が阻止する改憲の必要性とその日本献上策を、危機感を持ち知って頂きたく誠に恐縮ですが書込ませて頂きました。

報道するテレビが無い中、尖閣奪取を狙う、中国の日本領海侵犯が激しさを増す現状は、かつて9条の様に非武装中立で平和的であったチベット等を現在も中国が武力で侵略虐殺を行う惨状を連想させ、

韓国が日本の竹島を不法占拠した際、多くの船員が機関銃で襲撃され死傷し、北朝鮮には国民を拉致され、
尖閣には中国が侵犯する現状でも、9条により日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

中朝ロの数千発の核ミサイル標準は常時日本に向けられており、尖閣、台湾周辺の動きも激化する中、9条を改正し自立した戦力を持たなければ、
有事に敵地攻撃力を持たぬ現状防衛力では日本人の命と領土は守れません。

中韓による侵略は、野党が法制化を目指す外国人参政権や(民主党政権の超円高誘導は日本経済を破綻危機に追い込みました)

又「朝鮮の役に立ちたい」と表明した維新による、国の権限を弱め、地方独立から国家分断を図る道州制等、多様性と言う名の文化破壊活動からも始まっており、

外国人参政権は米国始め世界的に認める国は少なく、これを与えた事でハワイは米国に、ウクライナクリミア半島もロシアに乗っ取られた過去があります。

又背乗りやスパイ等の犯罪発見の役割も果たしている戸籍廃止に繋がる夫婦別姓や、日本人のみを処罰対象とした、特定国への反論を封じるヘイトスピーチ条例等、

先進国で唯一スパイ防止法が無い日本で、
中韓に軸足を置き、友好を刷り込む野党やメディアが、制度の危険性を隠し国民を誘導する現状からも、既に浸透工作は最終段階である事、
日本でウクライナの悲劇を生まない為に投票の大切さと、一人でも多くの方に目覚めて頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
https://pachitou.com
長文、大変申し訳ありません。

フリーエリア

「正法眼蔵」は仏道を勉強する上において「なぜ坐禅をやらなければならないか」という事を事細かに疑問の余地のない形で詳細を述べておられる。だから「正法眼蔵」を読んで仏道の理論的な側面を勉強しながら自分自身で坐禅をやるならば、仏道修行においては欠けているところはない。―愚道和夫老師―

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
70代女性。自営業。自宅で毎日朝晩坐禅をしています。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで紹介しています。老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンタ-