fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

永平道元禅師

-道元禅師略歴- 
誕生
紀元1200年(鎌倉時代)
父親は当時の内大臣久我通親、母親は藤原基房の娘で正妻ではなかった。当時の社会事情は、正妻でないと非常に卑屈な境涯に置かれた。したがって道元禅師の生い立ちも、必ずしもそう恵まれた境遇ではなかった。しかも三歳の時に父親が亡くなり、八歳の時に母親が亡くなった事で、小さい時から孤独の境涯にさらされた。道元禅師は小さい時から秀才であり、四歳で中国の難しい詩の本を読んだと言われている。

13才
仏教が知りたいと、比叡山に上がられた。

14才
出家。比叡山で一所懸命修業された。ところが道元禅師は比叡山での勉強の間に疑問を持った。それはどういう事かというと、当時の比叡山はもちろん天台宗の山であるから、天台宗の教理というものが中心になっていた。その天台宗の教理の中に「人間は本来非常に優れた素質を持っている、非常に優れた体を持っている」という教えがある。道元禅師はこの教えを聞いて、そういうふうに人間が結構なものであるならば、なぜわざわざ修行をする必要があるのかと疑問を持った。

そこで比叡山の偉い僧侶のところへ行っては、その質問をしたけれどもその質問に満足に答えをくれる僧侶はいなかった。なぜいなかったかというと、比叡山では当時は学問としては一所懸命に仏教を勉強していたけれども、それは文字の上だけ意味だけの問題として勉強していた。だから、道元禅師のように、自分の日常生活に引き比べて、なぜ修行が必要なんでしょうかという疑問に対しては、あまり検討していなかった。そのことが原因になって、比叡山を降りて建仁寺の栄西禅師を訪ねて、栄西禅師が亡くなってからは、その弟子の明全という方のところで修行した。

24才
日本では、十分に仏教が勉強できないと中国に渡る。中国では天童如浄禅師にお会いして、仏道の真髄を把まれた。

28才
帰国。京都において何年か布教し、そのころから「正法眼蔵」を書き始める。
   
43才
永平寺にて、真実の仏法を受け継ぐ後継者の育成に力を注がれた。

54才
京都にて入寂
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
783: by Roughton on 2023/01/19 at 16:25:12 (コメント編集)

この時期、比叡山はかなり過激な行動を起こし、僧兵がかなりの騒動を引き起こしていて、道元禅師も比叡山を離れる意思を固めていった記録が残されています。また、比叡山に入っていた僧侶のすくなからぬ人たちだ、『大師』のような人になろう、世に出たいという立身出世を望む野心家であったこともにも違和感を覚えられた。道元禅師は実家の久我家と浅からぬ縁のあった園城寺(三井寺)の公胤僧正を訪ねました。そこで質問をしたところ、公胤僧正はのちに法然の他力の浄土門に帰依した人ですから、これは即座に答えられる簡単な問いではないし、軽々しく答えてよいものでもない、建仁寺に居られる栄西さんが最近帰国され、聖道門を禅によっておさめてこられたと言われているので、建仁寺を訪ねてみたらどうか?と薦められたと記録に残っていますね。明全さまはのちに道元禅師とともに宋へ渡りますが、太白山景徳禅寺など栄西さまゆかりの寺にとどまりましたが、道元禅師は当時、宋の寺も堕落したところも少なくないので幻滅されたようです。『いくばくかの白法か、さきだちて滅没しぬらん、をしむべし、をしむべし』と慨嘆を書き残しておられます。そうした中、偶然、育王山の典座の禅僧に会って、大きな転機を迎えました。『山僧がにわかに文字を知り、弁道を了解したのは、まさにあの典座からうけた大恩によるものだ』と典座教訓のなかにあります。

784:Re: タイトルなし by 幽村芳春 on 2023/01/19 at 16:39:39

Roughtonさんコメントありがとうございます。博識に敬服いたします。

フリーエリア

「正法眼蔵」は仏道を勉強する上において「なぜ坐禅をやらなければならないか」という事を事細かに疑問の余地のない形で詳細を述べておられる。だから「正法眼蔵」を読んで仏道の理論的な側面を勉強しながら自分自身で坐禅をやるならば、仏道修行においては欠けているところはない。―愚道和夫老師―

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
70代女性。自営業。自宅で毎日朝晩坐禅をして、愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」を毎日ブログで紹介しています。愚道和夫老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

FC2カウンタ-