FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 三十七品菩提分法 32

三十七種類の修行法(四念住、四正断、四神足、五根、五力、七等覚支、八正道)

※五力(1・信力 2・精進力 3・念力 4・定力 5・慧力)

五力の「4・定力」について道元禅師が注釈されます。
定力(体と心が均衡状態にあるところから生まれてくる力)というのは、子供がその母親の懐に抱かれて何の心配もなく落ち着いた状態にあり、また母親が自分の子供を抱きかかえて満足しきった状態にあり、両者が調和のとれた関係に入ることである。

それは単に母親と子供との関係だけではなしに、子供が子供として独自の存在を示していることでもある。あるいは母親が子供との相対的な関係ではなしに、母親独自の状態としてきわめて安定した状態にいることでもある。その様な安定した状態を「定力」という言葉で表しているのである。

しかしながら、頭を顔に置き換えるような一つのものを排除して他のものを置き換えると言う関係ではなく、金で金を買うと言う様な意味のない無駄なことをするという関係でもない。ではどういう事かを結論的に考えていくならば、人生に関連してそれぞれの主張をうたいあげ独立独歩の形で何ものにも拘束されない高い境地を意味するのである。



           ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
道元禅師は鎌倉時代の人としてはともかく偉大な天才であると言う事ですが、「道元禅師が一代でこれだけやれるわけがない。おそらく過去において何代も人間に生まれ変わって、初めてあのようになったんだ。前世はたぶん中国人である」と言う人がいるんですが、先生はどうお考えになりますか。

先生 
いや、そんなのはでたらめだね。(笑)人間が生まれ変われるんだったら何の苦労も無いですよ。我々、一回きりだと思うから一所懸命やるんで二回、三回あるんだとすればそう真面目にやらないね。「今回は大いに遊んでこの次は勉強しましょう」と言う事になる。だけれどもそんな事はない。人生一回きりだから、まあ一所懸命やらなくてはならないと言う事だと思いますよ。 

質問
輪廻転生について教えて下さい。

先生
古代インドにおいて仏教が生まれる以前にバラモンの説くところの輪廻転生が非常に盛んだった。その輪廻転生からどう逃れるかというのが、バラモンの教えの中心的な問題であった。輪廻転生は信じるに足りないと釈尊は主張された。仏教思想の考え方の中には輪廻転生の教えはありません。

仏教が広まり伝えられていくうちに、それ以前にあったバラモンの教えが仏教の教えの中に混同されて、輪廻転生の間違った考えが入りこんでしまった。仏教を理解する場合に、すぐ輪廻転生と言うようなことが出て来る場合がありますが、仏教は輪廻転生をむしろ否定した教えです。


ご訪問ありがとうございます。


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

人気ブログランキング
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。 「正法眼蔵」は仏道を勉強する上において「なぜ坐禅をやらなければならないか」という事を事細かに疑問の余地のない形で詳細を述べておられる。だから「正法眼蔵」を読んで仏道の理論的な側面を勉強しながら自分自身で坐禅をやるならば、仏道修行においては欠けているところはない。―愚道和夫老師―

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
70代女性。自営業。自宅で毎日朝晩坐禅をしています。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで紹介しています。老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンタ-