FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:74・三十七品菩提分法のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 三十七品菩提分法 43

    三十七種類の修行法(四念住、四正断、四神足、五根、五力、七等覚支、八正道支)八正道支(1・正見道支 2・正思惟道支 3・正語道支 4・正業道支 5・正命道支 6・正精進道支 7・正念道支 8・正定道支)八正道支の「5・正命道支」について道元禅師が注釈されます。正命道支(正しい生活を通して真実に到達する修行法)というのは、朝早く朝食をとり、お昼には昼食をとるというふうな規則正しい生活の事であり、場所はどこであろ...

  • 正法眼蔵 三十七品菩提分法 42

    三十七種類の修行法(四念住、四正断、四神足、五根、五力、七等覚支、八正道支)八正道支(1・正見道支 2・正思惟道支 3・正語道支 4・正業道支 5・正命道支 6・正精進道支 7・正念道支 8・正定道支)八正道支の「4・正業道支」について。正業道支(正しい行いによって真実に到達する修行法)というのは、道元禅師の注釈は「出家して真実を実践していくことである」から始まり説明はかなり長く続きます。道元禅師は形の上での「...

  • 正法眼蔵 三十七品菩提分法 41

    三十七種類の修行法(四念住、四正断、四神足、五根、五力、七等覚支、八正道支)八正道支(1・正見道支 2・正思惟道支 3・正語道支 4・正業道支 5・正命道支 6・正精進道支 7・正念道支 8・正定道支)八正道支の「3・正語道支」について道元禅師が注釈されます。正語道支(正しい言葉を通して真実に到達する修行法)とは、自分が啞(おし)と同じように仮に黙っていても、決して啞(おし)ではないという状態である。沢山の人々の中...

  • 正法眼蔵 三十七品菩提分法 40

    三十七種類の修行法(四念住、四正断、四神足、五根、五力、七等覚支、八正道支)八正道支(1・正見道支 2・正思惟道支 3・正語道支 4・正業道支 5・正命道支 6・正精進道支 7・正念道支 8・正定道支)八正道支の「2・正思惟道支」について道元禅師が注釈されます。正しい教えという真実に赴くための修行法とは何かと言うならば、頭の中で抽象的に問題を考えるのではなく問題をきわめて具体的に考えている瞬間においては、あら...

  • 正法眼蔵 三十七品菩提分法 39

    三十七種類の修行法(四念住、四正断、四神足、五根、五力、七等覚支、八正道支)八正道支(1・正見道支 2・正思惟道支 3・正語道支 4・正業道支 5・正命道支 6・正精進道支 7・正念道支 8・正定道支)八正道支の「1・正見道支」について道元禅師が注釈されます。正見道支とはもののの見方に関連して、体全体で物事を見るという態度ではあるけれども、それと同時に事態を直観的に、瞬間的に見るという見方も具えていなければな...

フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。 「正法眼蔵」は仏道を勉強する上において「なぜ坐禅をやらなければならないか」という事を事細かに疑問の余地のない形で詳細を述べておられる。だから「正法眼蔵」を読んで仏道の理論的な側面を勉強しながら自分自身で坐禅をやるならば、仏道修行においては欠けているところはない。―愚道和夫老師―

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
70代女性。自営業。自宅で毎日朝晩坐禅をしています。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで紹介しています。老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンタ-