FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:70・発無上心のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 発無上心 21

    華厳経に言う。菩薩(まだ仏になっていない仏道修行者)は、その生き死にの境涯において最初に真実を得たいという気持を起こす時にはひたすら真実を求めて、その真実を求める心というものが非常に固くて、それを外から影響を与えて動かそうとしても動かすことが出来ない。  その菩薩が一心不乱に真実を求める性質というものは非常に深く、非常に広く、その範囲というものは限界がなく、釈尊がこれを理論的に説明しようとしても殆ど...

  • 正法眼蔵 発無上心 20

    華厳経に言う。  菩薩(まだ仏になっていない仏道修行者)は、その生き死にの境涯において最初に真実を得たいという気持を起こす時にはひたすら真実を求めて、その真実を求める心というものが非常に固くて、それを外から影響を与えて動かそうとしても動かすことが出来ない。  その菩薩が一心不乱に真実を求める性質というものは非常に深く、非常に広く、その範囲というものは限界がなく、釈尊がこれを理論的に説明しようとしても...

  • 正法眼蔵 発無上心 19

    釈尊が言われた。在家男子在家女子の仏道修行者、仏道を信じている善男子善女人は、自分の家族の肉を仏・法・僧の三つの価値に捧げ、自分自身の肉を仏・法・僧の三つの価値に奉げている。特に出家している僧侶はその様な形で在家男子在家女子の信仰に基づいた施しというものを受けているのであるから、どうして仏道修行をしないでいられようか。釈尊の言葉について道元禅師の注釈は続きます。仏教を只単に精神的なものと考えて、仮...

  • 正法眼蔵 発無上心 18

    釈尊が言われた。在家男子在家女子の仏道修行者、仏道を信じている善男子善女人は、自分の家族の肉を仏・法・僧の三つの価値に捧げ、自分自身の肉を仏・法・僧の三つの価値に奉げている。特に出家している僧侶はその様な形で在家男子在家女子の信仰に基づいた施しというものを受けているのであるから、どうして仏道修行をしないでいられようか。釈尊の言葉について道元禅師の注釈は続きます。中国の第五祖大満弘忍禅師はかつて松を...

  • 正法眼蔵 発無上心 17

    釈尊が言われた。在家男子在家女子の仏道修行者、仏道を信じている善男子善女人は、自分の家族の肉を仏・法・僧の三つの価値に捧げ、自分自身の肉を仏・法・僧の三つの価値に奉げている。特に出家している僧侶はその様な形で在家男子在家女子の信仰に基づいた施しというものを受けているのであるから、どうして仏道修行をしないでいられようか。釈尊の言葉について道元禅師の注釈は続きます。我々が菩提心(真実を得たいという気持...

フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。 「正法眼蔵」は仏道を勉強する上において「なぜ坐禅をやらなければならないか」という事を事細かに疑問の余地のない形で詳細を述べておられる。だから「正法眼蔵」を読んで仏道の理論的な側面を勉強しながら自分自身で坐禅をやるならば、仏道修行においては欠けているところはない。―愚道和夫老師―

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
70代女性。自営業。自宅で毎日朝晩坐禅をしています。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで紹介しています。老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンタ-