fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:9・谿声山色のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 有時 20

    江南省葉県の帰省禅師は臨在義玄禅師の孫弟子にあたる方であり、首山省念禅師の正統な後継者であった。帰省禅師はある時たくさんの僧侶に説示して言った。ある時は考え方はまとまっていながらそれが言葉となって出てこない。ある時はいい言葉が浮かんできたけれども、自分の気持ちが充実していない。ある時は自分の気持ちも充実し、それを表現する言葉も整っている。ある時は自分の気持ちも充実していないし、それを表現する言葉も...

  • 正法眼蔵 谿声山色 26

    道元禅師の説示は続きます。そこで竜牙居遁禅師が言われた。過去において仏道の真実を把握するに至らなかったならば、さあ今把握してしまおう。この現世において今の生身の体で過去の様々の災いを全て超越してしまおう。過去の仏(真実を得られた方々)も、真実を得られるまでは今の我々と少しも変わらなかった。もし真実を得てしまえば今の我々も昔の仏になった人々と少しも変わらない。この竜牙居遁禅師が言われた言葉の意味を静...

  • 正法眼蔵 谿声山色 25

    懺悔に関する趣旨は大体次の様である。「願わくは私の過去の悪行が多く重なって仏道に進む障害になる原因になったとしても、釈尊の教えに従ってすでに真実を得た沢山の諸先輩方が私を哀れと思って、過去の煩いから脱け出す事を助けてくれ、仏道を学ぶ事に障害がない様にさせ、その効果が全宇宙に充満し行き亘るようにどうか憐れみをこの私にお分けくだい」と。釈尊にしても達磨大師にしても真実を得られたとは言ってみてもその最初...

  • 正法眼蔵 谿声山色 24

    道元禅師の説示は続きます。修行に対していくら自分自身を励ましても、体がだるい気持ちもたるんでどうにも動きが取れない、そういう場合には真心を専一にして、過去の真実を得られた方々(釈尊・達磨大師など)に対して「自分はどうも怠け癖が抜けません、自分は仏教に対して不信の気持ちが生じました」と言う非を正直に告白すべきである。この様にする時は告白した効果によって、自分自身がそこでもう一度清浄な状態に立ち返る事...

  • 正法眼蔵 谿声山色 23

    道元禅師の説示は続きます。この世の中には真実を得た人もたくさんいる。素晴らしい人もいればそうでない人もいるけれども、それらの一切が谷の響きや山の姿である。それと同じような自然のありのままの姿を捉える事に他ならない。この様に我々の生きている世界には様々な事象や様々な事態と言うものがあり、谷川が滔々と流れ響きを伝えている。それはそのまま釈尊の説法であり釈尊の教えの賛嘆詩である。その事態を取り上げて見て...

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
70代女性。自営業。自宅で毎日朝晩坐禅をしています。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」を毎日ブログで紹介しています。愚道和夫老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンタ-