fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:9・谿声山色のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 谿声山色 22

    道元禅師の説示は続きます。この様に何とかして諸先輩の跡を追いかけて仏道修行をしたいという気持ちを起こし師匠をたずね真実を求めて行くに当たり、高い山に梯子を使ってよじ登ったり、広い海を船で渡ったりするような努力が伴うのである。この様にして自分の師匠となるべき人をたずね、高徳の僧を求めていくならば、ほんの偶然の事からどこかで思いがけなく師匠に遭遇することが出来るのである。そしてその師匠と弟子とのやり取...

  • 正法眼蔵 谿声山色 21

    道元禅師の説示は続きます。仏道を習い始めた初心者の感情を交えた考え方では仏道とはどんなものか推測することが出来ず、推測できたとしてもとんでもない見当違いをしている。初心者には仏道とはどんなものか頭で考えてみても中々わからないところであるけれども、努力した結果は最後のものに行き着かないということではない。徹底した境地で釈尊の教えの一番奥深いものに到達した状態と言うものは、初心者がほんの頭の先だけで考...

  • 正法眼蔵 谿声山色 20

    道元禅師の説示は続きます。経典に帝釈天が降りて来て修行者の意気込みを試したり、悪魔がやって来て修行者の邪魔をしたと言う話が載っている。修行者が名誉や利得に惹かれている時にはそういうものの影響から逃れられない。修行者の側に隙があった時に様々な邪魔が入るいう事とを言っている。しかし慈悲の心で大きく、深く、広く人々を救済しようという願いが長い年月にわたっている場合には帝釈天や悪魔から邪魔をされる事はない...

  • 正法眼蔵 谿声山色 19

    道元禅師の説示は続きます。インドにおける祖師方も、仏教を信じない人々、理屈や感覚だけで仏道を勉強しようとする人々、俗世の権力者や国王から危害を加えられた事がある。しかし危害を加えられたからと言ってその危害を加えた非仏教徒の人々が祖師方より優れていた訳ではなく、祖師方の思慮が浅かった結果でもない。達磨大師はインドから中国に来て嵩山に逗留され仏道修行をされたけれども、梁の武帝も魏の国王も達磨大師の本当...

  • 正法眼蔵 谿声山色 18

    道元禅師の説示は続きます。名誉や利得を得るために釈尊の教えを学ぶということではない。釈尊の教えを学ぶということは、決して国王や大臣という権力者が敬い供養してくれることを期待しているものではない。しかし現在この様に名誉や利得を求める行為おや環境が実在する。名誉や利得を求めると言う事は本来の目標でもなければ目的でもない。人間にとっての拘束となるような名誉や利得を求めると言う事は本来の狙いではない。しか...

フリーエリア

「正法眼蔵」は仏道を勉強する上において「なぜ坐禅をやらなければならないか」という事を事細かに疑問の余地のない形で詳細を述べておられる。だから「正法眼蔵」を読んで仏道の理論的な側面を勉強しながら自分自身で坐禅をやるならば、仏道修行においては欠けているところはない。―愚道和夫老師―

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
70代女性。自営業。自宅で毎日朝晩坐禅をして、愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」を毎日ブログで紹介しています。愚道和夫老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

FC2カウンタ-