fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:87・出家功徳のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 出家功徳 30

    「仏本行修経」からの引用です。悉達太子(釈尊)は従者車匿のいる辺りで七種類の宝玉で飾った刀を取り上げ、みずから右手でその刀を手に持ち、鞘を抜き放って左手で青蓮華の様に濃い水色で束ねた髪掴み、右手でみずから切れる力を持って髷を切り落とし、左手でその髷を差し上げ空中に投げた。それを天上世界で見ていた帝釈天が非常に素晴らしい情景として感じ、大きな喜びを心にもって、釈尊の髷を高く差し上げて地面に落とさない様...

  • 正法眼蔵 出家功徳 29

    釈尊が言われた。もしも真実を探求しようとする偉大な人物がいて次のようなことを考えたとする。自分はいつの日か国王としての地位を捨てて出家する日において、たちまちにして最高かつ正しい均衡のとれた真実を把握して、さらにその日に説法を行い無量無数の人々をして欲塵を遠ざけ、汚れを離れ、宇宙秩序を直視する清浄な眼を得させ、また無量無数の人々にして永遠に煩悩を断滅させ、心も智慧も一切の障害から離れさせ、さらに無...

  • 正法眼蔵 出家功徳 28

    釈尊が言われた。舎利弗よ、仏道修行者は出家したその日に最高にして均衡のとれた正しい真実というものを達成し、その日から説法を行い、その説法の際に、無限に近い多数の生きとし生けるものが欲塵を遠ざけ、汚れを離れ、法の中で、法を明かに見る眼を養い一切の実在に対して執着しない境地を得るために様々の欲望から解放され、最高にして均衡のとれた正しい真実において後退することがないように願うならば般若波羅蜜を学ぶべき...

  • 正法眼蔵 出家功徳 27

    釈尊が言われた。出家している人は、決して悪いことをやるという事があってはならない。もしも悪いことをする事があるならば、それは出家している人と言うわけにはいかない。出家している人は「行動」と「言うこと」が見合っていなければならない。行いと言う事とが別々であるならば、出家している人と言うわけにはいかない。自分は父母・兄弟・妻子・親族・知人を棄てて実際に出家して真実を実践した。いまや正に素晴らしい身体全...

  • 正法眼蔵 出家功徳 26

    釈尊が次のように言われた。ここに人々がいて、自分の指導に従って出家し鬚や髪を剃り落して袈裟を身に着けたならば、仮に戒律は受けたけれどもそれが守れないという場合であっても、それらの人々は涅槃(均衡のとれた静かな落ち着いた仏教の究極の境地)が持っている特徴というものがすでに具わっている。またある人が出家したけれども、戒律を保持することが出来なかった場合に、誤った教えに従ってその人を悩ませたり乱したり、謗...

フリーエリア

「正法眼蔵」は仏道を勉強する上において「なぜ坐禅をやらなければならないか」という事を事細かに疑問の余地のない形で詳細を述べておられる。だから「正法眼蔵」を読んで仏道の理論的な側面を勉強しながら自分自身で坐禅をやるならば、仏道修行においては欠けているところはない。―愚道和夫老師―

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
70代女性。自営業。自宅で毎日朝晩坐禅をしています。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで紹介しています。老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンタ-